はっきり言って、スマホ産業はドル箱産業です。

もちろんそれには明確な理由があります。

一番わかりやすいご説明をします。

 

堀江貴文ことホリエモンのビジネス4原則って知ってますか?

このビジネス4原則にスマホ産業はピッタリはまってます。

笑が止まらないくらいです。

 

①小資本で始められる

スマホの事業を立ち上げようとすると、相当な資金力が必要です。

でも、ペンギンモバイルの代理店になるには、数万円から始められます。

 

②在庫が無い

スマホ本体のメーカーや販売店になるには、在庫を持たないといけません。

でも、ペンギンモバイルの代理店になるには、在庫はいっさい必要ありません。

 

③利益率が高い

これはほぼ全てのキャリア(移動通信事業)が当てはまります。

当然ながら、ペンギンモバイルも利益率が高いビジネスです。

 

④安定した継続収入がある

これも全てのキャリア(移動通信事業)が当てはまります。

これも、当然ながら、ペンギンモバイルも安定した継続収入が見込めます。

 

これだけのメリットがあるので、スマホ産業(移動通信事業)はドル箱産業なのです。

それを今まではdocomo・au・Softbankが独占していました。

しかし、今はペンギンモバイルを始めとした、多くの電話会社が続々と参入してきています。

 

その中でも、私がなぜペンギンモバイルをオススメするのか。

それは、個人で代理店ビジネスができる、という大きなメリットがあります。

しかも、ユーザーとしても、通信容量が多い上に、格安の料金体系です。

 

やはり、気楽に始められて、継続的収入がもらえる。

これは大いに素晴らしいサイドビジネスになります。

初期投資は数万円から始められる。

 

しかも、毎月の支払いは代理店費用を含めても、3代キャリアより安い。

使い勝手が変わらず、毎月の支払いが安くなり、ビジネスもできる。

もう、やるしかないと、はっきりと明言できます。

 

一緒に楽しくビジネスをして、ゆとりを持った生活をおくりませんか?

それには、まずはLINE@にご登録ください。

 

友だち追加

 

■編集後記

 

毎月の安定した継続収入があるというのは本当にありがたいです。

私いっとき、病気になり、1年半ほど働けませんでした。

なので、何もしないでも入ってくるという、収入源が本当にありがたく感じます。

 

今後も地道にペンギンモバイルの代理店ビジネスを楽しくやっていきます。

副業でやる以上、楽しくなくては意味がありません。

皆さんも一緒に楽しく継続的収入を得るために活動しませんか?

 

友だち追加